ハウジング米澤 プロフィール

プロフィール

当社では、専門の設計士と共に あなたの住宅創りをお手伝いします。 100の要望があれば100通りの形・物をつくりあげる。
これは空間づくりの上で一貫して持ち続けたコンセプトです。
どこまでも心地よく、そしてバランスを大切に、可能性を最大限に引き出し提案すること。

長く住む家だからこそ、より快適に・温かく住んで欲しい願いを込めて、最新の高気密・高断熱住宅を提案します。

実は私はかつて地元住宅メーカーに勤務していました。その中で学ぶこともたくさんありました。
しかし、住宅本来の「本当に建てる人が必要とする住宅」とそのメーカーが提供する住宅との間に矛盾を感じてしまい、自分ができる本当に良質な住まいをご提供するために努力してみたいと感じるようになりました。

その中で感じたのは、やはり住宅は人の人生の中で大きな割合いをしめる買い物です。それなら住んだ後も快適な空間であるべき、そして生活コストを最小限にするために、高気密でさわやかな空気を提供し、光熱費などもお安くすむよう性能の高い住宅であるべきだと考えたのです。

しかし、住宅は機能面ばかり追い求めて住みにくいものであってはなりません。

そのためにはそれらを両立するデザイン性と、それをけがさない動線や使いやすさもかね備えていないといけない と考えています。

皆さまにとって最高の住宅を、決して高くない価格でご提供して喜んで頂けること。

これが設計士としての私の使命だと思っています。

設計思想

「建築される方にとってのベスト」をご提供します。 そのために、一つとして同じ住宅はありません。
皆さまの趣味や休日のすごし方、家族構成などはもちろん、身長など身体特性によっても間取りの考え方は変わります。
窓を開放的に作りたい。プライバシーを重視した間取りにしたい。
家族みんなの顔が見える空間にしたい。友達をよんでパーティをしたい。
それぞれ、色んな方の色んな想いがつまっています。ぜひ御覧ください。
高気密だからできる、開放的な間取り かつてはニオイや換気を気にして、空間は閉じているべきとの考え方が主流でしたが、今の子育て世代の皆さまは、より親密な家族間の距離を求めるようになっています。
当社は高気密であるが故に、リビングからキッチンへ続く空間をつなげる事ができるので、より開放的な間取りを実現できます。

開放的な間取り

しっかりとした構造材

しっかりとした構造材 高気密であるために、室内の光熱費の無駄になりやすい吹き抜けも自由にレイアウトできるとともに、構造材(柱や桁)もしっかりとした物を使用しています。家はまず「家族が安心して暮らせる場所」であるという考えのもとに、必要な耐力を持った材料を適切に考案することも設計士ならではの責任だと考えています。
自然素材を使った健康的な家創り 大手メーカーではむずかしいと言われる自然素材をふんだんに使います。実は自然素材は合板のような加工品ではないため収縮などを繰り返す特性を持っています。これらは本物の素材であるためなのですが、これらの不均衡を嫌って大手メーカーは自然素材を使いたがりません。しかし、それらを嫌って科学素材を使い始めた住宅が、アレルギーなどの原因になってしまったのは皮肉なことです。
私はできることなら、健康素材である自然素材は積極的に住宅に使用するべきと考えています。

自然素材を使った健康的な家創り

流行り廃りに流されない 普遍的な外観

流行り廃りに流されない 普遍的な外観 「流行りの外観」という物があります。
それらは大抵の場合 派手さを求める物なのですが、家は何十年も同じ所に存在しなくてはいけません。その目を引く流行りの外観は、長年の経年変化に耐えられるとは思えないものもあるのが事実です。一見、個性の少ないように見えながら、長い人生を共に歩んでいける、飽きのこない存在を目指してデザインしています。
考えて構成するべき、光と風 健康的に暮らすためにはテクノロジーに頼らずに、まず地域の自然をどのように取り入れるかを考えるべきです。リビングなど象徴的な所ばかりではなく、二階の子ども部屋でもどうしたら一番良く自然を取り入れる事ができるか?これらは数十年にもわたる居住空間の価値になってくると考えています。

考えて構成するべき、光と風